閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

スーパーマリオランがついに配信開始!!!追加課金ゼロって本当?

「片手で遊ぶ、新しいマリオ」というフレーズで任天堂が2016年12月15日にスマートフォン向けのアプリ「スーパーマリオラン」の配信を開始しました。

ファミコン世代の私にとっては結構楽しみにしていたゲームです^^

 

配信開始は15日の17時となっていましたが、配信開始時にお知らせメールを受け取る。と設定していたのにも関わらず何のお知らせも届きませんでした。

スーパーマリオランを早速ダウンロード

気になったので先ほどAppstoreを覗いてみたら配信が開始されていたので早速ダウンロード♪ニンテンドーアカウントというものと連携をすれば、ゲームデータが消えないというのでアカウントも作成。私のアカウントをメインに、子供のアカウントも一緒に作成しました。

 

「片手で遊ぶ、新しいマリオ」というだけあって、ゲームが始まるとマリオがひたすら直進(猪突猛進ですね^^;)していき、ジャンプしたいところで画面をタップすればジャンプするという仕組み。

 

軽いタップで小さなジャンプ。長いタップで大きいジャンプと、ジャンプの仕方をうまく利用しながらコインを集めていき、最終的にはマリオシリーズで毎回お馴染みの「クッパに連れていかれたピーチ姫を助けに行く。」という内容です。

ゲーム内容は全部で3種類

今回のゲーム内容なピーチ姫を救う「ワールドツアー」だけでなく、獲得したコインの枚数と、応援に駆け付けてくれたピノキオ達の数を競い合う「ピノキオラリー」そして、キノピオを集めて城や街を大きくしていくという「王国づくり」の3種類あるようですね。

 

「スーパーマリオラン」の大きな特徴の一つとして、今どきのスマホアプリには珍しい「追加課金がゼロ」というのも子供にゲームをさせる親にとってはとても嬉しい親切設計ですよね。

 

よくあるスマホゲームは、キャラクターがやられてライフがなくなると、追加課金でライフを購入するか、30分(ゲームによって異なりますが)待つとライフが一つ回復するのでそれまで待つ。というスタイルが多いと思いますが、「スーパーマリオラン」は最初の3ステージ分(WORLD1-3)までが無料で、全てのステージで遊ぼうと思ったら、1,200円でソフトを購入することで全て遊べる仕組みになっているようです。

スーパーマリオランは追加課金なし

ついつい夢中になって「あと少しであのアイテムが取れるのに」「もうちょっとでクリアできる」などと言いながら200円、300円と毎回追加課金していくシステムに比べると、ゲーム好きの私にとってもとても嬉しいですね。

プレステやDSなどでゲームソフトを購入しようとしただけでも6~7,000円はかかってしまうので、たった1,200円で「追加課金ゼロ」で遊べるのはお財布にも優しくていいと思います。

 

少し前に「ポケモンGO」が配信開始になり、全国各地でポケモンゲットのために何かと大賑わいでしたね。私の家の近くの公園でもピカチュウの巣窟になっていたようで、夜遅くにも多くの人がスマホ片手にウロウロしていましたが、今ではポケモンGOをしている人事態めっきり見なくなってしまいましたね。

 

ポケモンGOは配信開始からの1か月間でダウンロード数が1億3000万を超えたということでギネス記録も樹立しましたが、今回のスーパーマリオランはどこまで伸びるか楽しみですね^^

 

今では妖怪ウォッチなども人気ですが、ポケモン、スーパーマリオと言えば昔からのファンも多いので、多くの人が楽しむのではないかと勝手に想像しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る