閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

ヒアリの駆除には●●キラーが効果アリと確認

ヒアリが初めて日本で発見されてからそろそろ3か月になろうとしています。

火蟻を見つけたら自治体へ連絡。と言われても、自宅のすぐ近くだったり緊急の場合は自治体の調査を待っていられませんよね。

 

そんな場合は自分で駆除するのが一番手っ取り早いのですが、何せヒアリには猛毒があります。効果のない殺虫剤をかけたおかげで反撃されて刺された!なんてことになってはシャレになりません。

今回は、火蟻駆除の効果が確認された殺虫剤をご紹介していきます。

ヒアリの駆除は人任せ?

特定外来生物に指定されている『ヒアリ』

今では日本のあちこちで見つかっており、昨日はついに岡山でも発見されましたよね。

 

環境省や自治体が駆除してくれるのを指をくわえてみているだけではラチがあかないかも分かりません。

 

もしアナタが、

『自宅の庭で見かけてしまったら・・・』

『自分の子供がよく遊ぶ公園で見かけたら・・・』

『毎日通る散歩コースで見かけた・・・』

こんな時はどうしますか?

 

すぐに自治体へ連絡するでしょうが、連絡してから調査に来るまでの間は放置状態になります。

その間が1日、2日経ってしまうだけで大変なことになります。

 

ヒアリの女王アリは子だくさん

ヒアリの女王アリは一日に800個~2,000個を生むと言われています。

自治体へ連絡して、次の日に調査に来たときにはすでに1,000匹や2,000匹のヒアリが生まれてしまっていることになります。

 

遠くの出来事なら他人事で済むかも分かりませんが、すぐ近くで発見された場合はそうもいっていられませんよね。

 

わざわざ巣を見つけて駆除をしに行くのは素人には危険すぎるのでやめた方がいいですが、見かけた火蟻を駆除しておくことくらいなら誰にでもできますよね。

 

ですが、

『いつも使っている殺虫剤で効くのか?』が気になりますよね。

 

火蟻はとても攻撃性が高いので、一歩間違えると大変な事にもなりかねません。

実際に海外で実践して効果のあった殺虫剤をご紹介します。

ヒアリ駆除にはフマキラーが効くらしい

フマキラーHPで緊急速報として紹介されました。

商品の名前だけ聞いてもピンとこないと思います。

こちらがその商品一覧です。

 

ホームセンターなどでよく見かけるアリなどの殺虫剤ですね。

これならいつでも買いに行けると安心しそうですが、もし『ヒアリパニック』が起こってしまった場合は品切れ店が続出して欲しくても買えなくなってしまう可能性もありますよね。

 

なので、我が家では数点をストックしてあります。

大量に合ってもそこまで使わないでしょうから、スプレータイプのエアゾールと粉末剤、そして据え置きタイプのベイト剤の3種類を少しずつ。

 

まぁもし売り切れ店が続出してしまってもネットならすぐに買うこともできると思うので万が一に備えての少しの備えだけですが。

 

環境省ホームページの『ストップ・ザ・ヒアリ』がPDFで公開されていますので、そちらのURLも貼りつけておきます。

URLはクリック&タップができるので、スマホの方もすぐに見られます。

ストップ・ザ・ヒアリのPDF

https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

 

近くにフマキラー製品がない!

そんな場合は全国対応の楽天市場で探してみましょう。

種類も豊富であなたにぴったりのヒアリ駆除アイテムが見つかるでしょう。

フマキラー製品を楽天市場で見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る