閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

他人の視線が私の頭頂に集中しているのでは

人と接することの多い私は、最近、他人の視線が私の頭頂に集中しているのでは、と思うことが多くなりました。初対面の挨拶の際、顔は私の方を向いているのですが、目線が頭に集中していたり、付き合いの長い飲み友達も同じような反応を示すことが多くなりました。
そのように感じ始めて数週間後、寝起きの枕を見た時、その原因がわかりました。枕についた抜け毛が尋常な数ではなかったのです。細い髪の毛がびっしりと枕にこびりついていました。老眼が進んでいるので、気づかなかったのですが、敷布団の下やベットの下には数えきれないくらいの自分の髪の毛が落ちていることを知りました。人間気になりだすと、毎日鏡の前で納得するまで時間をかけるようになり、気が変になりそうでした。特に人前に出るときなどは、緊張でおかしくなりそうでした。そんな時、同僚で若くからスキンヘッドをしていた友人に相談した所、彼も同じ悩みを若くして体験していたため、思い切ってスキンヘッドにしたと打ち明けてくれました。結局悩んでも解決はしないので、受け入れることが一番だと教えてくれました。
この話を聞いて自分の目の前がパッと開けたように感じました。「気にしているような時間もないし、お金も掛けたくない。ならば自分もスキンヘッドにしよう」と。
現在私は、スキンヘッドではありませんが、五分刈りにしています。毎日髪のことを気にする事がなくなり、無駄な時間も使わず、清々しい生活を送っています。「髪の毛が薄くなればなったで、いいじゃないか」というような気持ちで開き直れるようになりました。これも思い切って髪を短くしたお陰です。スキンヘッドの同僚には感謝しています。しかし、散髪に行く回数が増え散髪代は結構かかります。これは予想外でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る