閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

稲村亜美が球児たちに襲われ大炎上!!!連盟が謝罪するはめに

稲村亜美数千人の球児が殺到し、『性的暴行だと教えないといけない』などと問題になったことで話題になっていますが、ことの発端は3月10日に行われた『リトルシニア開会式』の始球式で起こったアクシデントのことのようです。

この時の開会式に参加していたと思われる球児がツイッターで稲村亜美の身体に触った』などとツイートしたことから自体は大騒動になってしまったようだが、実際の映像とともに調べた結果なども紹介していきます。

稲村亜美の神スイングとは?

ネットで『稲村亜美』と調べていると、『始球式』や『神スイング』などの言葉が一緒に検索されているようだが、いったい何が『神スイング』なのだろうか?

ご存知ない方の為に、そのことについても少し触れていきたいと思います。

 

こちらの動画は『これぞまさに神スイング』と噂されブレイクのきっかけとなったテレビCM。

確かにバットの構え方からして普通の女性とは違いますよね。

もちろん練習したのだとは思いますが、細いながらしっかりとした筋肉もついており、アスリート級のボディをもっている彼女ならではでしょうか。

子どもの頃は9年間野球をやっていたそうなので、長年学んだ野球の基礎は今でもしっかりと身についているという事なのでしょうね。

 

その後、プロ野球の初打式に呼ばれた際の稲村亜美の神スイング。

スイングフォームもキレイですが、回りの観客もフルスイングに驚いたのか、会場中がどよめきました。フォームだけでなく、最後の去り際にバッターボックスの土を綺麗にならして帰るというところも世間では話題になったようです。

それでは、稲村亜美ちゃんの神スイング(球状Ver.)をどうぞ

 

背も高くスレンダーからなのでしょうか。バッターボックスが似合っていますね。

 

それではこの辺で、今回問題となった中学球児たちに襲われている亜美ちゃんの動画をご覧ください。

稲村亜美のセクハラ動画

セクハラというべきか集団暴行というべきか・・・回りの大人たちの対応にも大ブーイングが寄せられた問題の動画がこちら ↓

 

今回のこの球児たちの行動にYoutube上ではこのようなコメントが多数見受けられる。

 

動画を観た感想としては、明らかにおかしな行動ですよね。

自分が中学生であの現場にいたとしたら、目の前に可愛いアイドルが無防備でいるんですもんねぇ。。。

冷静でいられるかどうかなんて自信がありません。

 

そもそも、稲村亜美ちゃんの周りに警備員も策もなにもない状態で4,000人ほどいる球児たちのド真ん中に一人置いていれば、今回のような事件が起こるという危険性というか可能性は十分に考えられたのではないだろうか?

ネット上でも運営側に問題があると大炎上中だが、そりゃあそうでしょう。という気持ちですね。

 

ツイッター上でもかなり話題となっているようですね。

稲村亜美の身体を触った。抱きついたと自慢する球児が続出!!?

開会式に出ていた『球児達』かと思われる者らが『触った』『抱きついた』などとSNSで自慢したりしているようで、全く反省の色が見えませんね。元々、子供たちにとっては『犯罪』ではなくその場の『ノリ』でやっただけのことでしょうから仕方ないでしょうが、連盟が『これはれっきとした性犯罪だと教えないと』というように、まずは子どもたちの指導をしっかりとしてほしいと思う。

 

稲村亜美触った人RT』などとツイートする球児?も表れ、それにつられたのか、まるで自慢大会かのように盛り上がりを見せている。そのときのツイートのキャプチャを貼り付けておきます。※今回は対象者が未成年のため、個人情報などが特定されかねない部分はモザイクをかけてお届けいたします。

 

子供たちはまるでお祭り騒ぎのようだが、連盟に対してのブーイングを後押しするような形にしかなっていないようにも思えます。今回の事件で連盟に対しての誹謗中傷があまりにも多いのか、連盟はホームページ上にこのようなコメントを掲載しています。

 

そんなことよりもまずは子供たちへの指導を徹底した方がいいのでは?と思ったのは私だけでしょうか?

見せしめのためか脅しかは分かりませんが、回りをどれだけ排除しようとしても、当の本人たちにとっては『一生に一度あるかないか分からないほどの楽しい思い出』になっただろうから、ネット上にはその子供たちの嬉しい書き込みや楽しい書き込みがたくさん出回ることになるのでしょうね。

 

連盟は今回の騒動が落ち着くまでは関係者などに対しての対応に迫られそうですね。

 

同日の夜に稲村はインスタに

「選手の熱気がすごく伝わってきて色々とハプニング? も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました 怪我がなければいいことを祈ります」と選手たちを気遣い、「わたしの出身でもあるシニアリーグの始球式をさせてもらうなんて中学生の頃は夢にも思ってなかったので不思議な気持ちです! 笑」

とつづっていた。

他にも『全く問題なく大丈夫です。』『触られていません。』などとも残している。

これは神スイングならぬ神対応?

ネット上では『神対応』などと言われているが、これ以上ことを大きくしないための大人の対応なのだろうか?

本当はメチャクチャ怖かったのだと思いますけどね~。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る