閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

【保存版】ハロウィンについて詳しく解説

ハロウィンってなに?

元々はケルト人の民族行事である収穫感謝祭が起源とされており、いつしかその風習が他の民族にも広がったものです。

古代ケルト人の新年のはじまりは11月1日で、その前夜の日没から新しい年を迎える祭りを行ったのが発祥とされています。

 

11月1日は「諸聖人の日」「万聖節」と呼ばれ、10月31日その前夜祭を、All Hallows eve、ハローズイヴが訛って、いつしかハロウィンと呼ばれるようになったのです。

1年の終わりの日である10月31日には「死者の霊」「精霊」「魔女」などがが現われると信じられており、その魔除けのために仮面を被ったり焚き木を焚いたりとしていました。

 

ハロウィンはなんで仮装するの?

ハロウィンでカボチャのランタンやジャックオーランタンにロウソクを灯したり、「魔女」や「お化け」、「怪物」などに仮装するのはその儀式の名残となっています。

 

Halloweenではこの仮装には力を入れる人もとても多く、大人が本気の仮装をしている光景をよく見かけると思います。

 

有名人のものまねのような仮装から、バンパイアゾンビフランケンシュタインなどの悪魔お化け映画アニメキャラクター、中には動物や食べ物のコスプレなんかをする人もいるようです。

 

特に女性だと、これらをモチーフにセクシーな衣装を着ている場合もあります。個性的なコスプレは見ているだけで楽しい上、完成度が高いと見入ってしまう場合も。

 

自分で新しいコスプレを考えるのも楽しいかもしれませんね。

ハロウィン衣装が気軽に手に入る時代に

元々はそれぞれが思い思いの手作り衣装を着て楽しんでいましたが、インターネットの普及とともにネット回線さえ繋がっていれば世界中どこにいても自分の好きな衣装を買えるようになりました。

 

スーパーや百貨店などにも9月に入るとハロウィンコーナーができ、ショッピングモールなどでもハロウィングッズの専門店もできるほど大きなイベントとなっています。

衣装もとても数多くの種類が充実しており、どのコスプレを着るか決めずに買いに行けば迷いすぎるほどの品数ですよね。

 

100円ショップなんかにもレジ前には専用のコーナーができ、お菓子作りや衣装に使える小物まで気軽に手に入るようにもなりました。

ハロウィンをもっとよく知るために

当ブログでは色々な人に、その人が家でやっているハロウィンイベントについて教えてもらいました。

自宅で家族だけで楽しんでいる方や、友人・知人たちと集まってパーティーを開く人、各地で行われているイベントに参加する人など、人それぞれとても多くの楽しみ方があります。

 

「皆、どうやっているんだろう?」と気になる方も多いと思いますので、「我が家のハロウィン」というコーナーを作りましたのでそちらをご覧になり、今年のHalloweenの楽しみ方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

ハロウィンの起源

ハロウィンは、ケルト人の民族行事、収穫感謝祭が起源で、それが他民族に広がったものです。

古代ケルト人の新年のはじまりは11月1日で、その前夜の日没から新しい年を迎える祭りを行ったのが起源とされています。

11月1日は諸聖人の日、万聖節と呼ばれ、10月31日その前夜祭を、All Hallows eve、ハローズイヴが訛り、ハロウィンと呼ぶようになりました。1年の終わりの日、10月31日には、死者の霊、精霊、魔女が現われると信じられていて、魔除けのために、仮面を被り、焚き木を焚いたりしていました。

ハロウィンで、カボチャのランタン、ジャックオーランタンにろうそくを灯したり、魔女やお化け、怪物などに仮装するのは、その儀式の名残です。

現代のハロウィンは楽しむイベントです。

現代のハロウィンはX’smasのように楽しむイベント!

現在のハロウィンは、宗教的な背景は薄れ、イベント的に行われることが多くなりました。

特に日本では近年ハロウィンイベントが盛んになっていますが、宗教的背景はほとんど感じられず、仮装パーティ、ハロウィングッズを飾るなど、クリスマスと同じく、季節のイベントと捉えられています。

時期になると町中でハロウィン色に染まりつつありますが、小学生の間でもハロウィンパーティーは人気のようです。

よく子供たちが思い思いの衣装を着て、誰か友達の家に集まっているのを見かけます。ハロウィングッズの専門店でなくても、近年では100円ショップにもハロウィンコーナーができて、とても手軽にHalloweenというイベントを楽しめるようになりました。

2015年にはついにあの国民的大イベント「バレンタイン」の売り上げをも超えたというハロウィンですが、2016年、2017年と引き続き売り上げを伸ばしていく一大イベントとなっていくのはもう間違いありません。

ハロウィンの楽しみ方が分からない・・・

そんな人のために、当サイトでは「我が家のハロウィン」と題して色んな方からハロウィンの楽しみ方や、その人の家でやっている方法などを教えてもらいました。そして、それを記事としてアップしています。

「ハロウィンって何?どうやって楽しむの?」

など、「今さら聞くのは恥ずかしいかな。」なんて思っている人にはまさに渡りに船?いやいや、目からウロコ的な感じでとても参考になると思います。

日本中の各地で盛り上がっているHalloweenの楽しみ方を隅々までチェックしてみてください^^

ハロウィンで知っておきたい豆知識

ハロウィンとは、秋の収穫を祝うイベントとして行われたのが事の発端です。ハロウィンと言えば10月31日ですが、その日は生死の境目がなくなるとされ、あの世から来たお化けがこの世にやってきて、悪さをすると信じられていました。

悪さをされないようにするため、悪霊になりすまし、本当の悪霊を寄せ付けないようにするために仮装がされたそうです。

海外の一部でキリスト教の所は、キリスト由来のものではないためハロウィンはしないようにと禁止されるところもあるようです。一部では死のカルトだと批判されることもあるようです。

trick or treat! お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

かぼちゃ(ジャック・オー・ランタンと呼ばれるもの)はハロウィンの代表的なものですが、わざと醜いようなカボチャにしたり、グロテスクにするのは悪霊を怖がらせて、家に近寄らせないという考え方から、そのようなランタンを作ることがあるそうです。

色々な家に行って「trick or treat(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」と言って、お菓子を貰うのは後にできた子供用のイベントとされており、本来の目的ではないそうです。

ハロウィンの楽しみ方

ハロウィンというと、外国のイベントのイメージが強い方が多いと思いますが近年は日本国内でもハロウィンのイベントを楽しんでいる人々が年々増えてきています。

十月になると、デパートや雑貨店はハロウィン用品を取り扱っているお店が目立ってきます。ハロウィンの楽しみといえば、仮装です。仮装グッズなどもリーズナブルな値段で購入することが出来るので、ホームパーティーなどを開いて子供たちと楽しむのも良いのではないかと思います。

仮装グッズは、通信販売で購入することが可能です。

ホームパーティーをする場合は、カボチャを使用した料理で御もてなしをするのも良いでしょう。

ハロウィンのホームパーティーはカボチャ料理で!

かぼちゃは料理だけではなくスイーツとも相性が良い食材ですので、一人一品持ち寄りをしてハロウィンパーティーを開催するのもおすすめです。

また、ハロウィンといえばジャックランタンです。

ジャックランタンはハロウィンを象徴するアイテムで、カボチャがあれば自分で作ることも可能なので世界に一つだけのオリジナルのジャックランタンを作るのも楽しめると思います。

次ページでは、色々なお宅のハロウィンの楽しみ方を口コミしていただきましたので、我が家のハロウィン で紹介しています。ハロウィンの楽しみ方がイマイチ分からない!という方必見です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る