閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

ポンッと置くだけで、胸が弾んでくる

ハロウィンが近づいてくるとすぐにわかるようになってきた。お店の店頭が黒やオレンジで彩られるからだ。

100円均一などで2,3個プラスチックのかぼちゃの置物を買って、家の花壇や植木にポンッと置くだけで、胸が弾んでくる。

カボチャのかごの中に飴やラムネを詰め込むと

家のドアにハロウィンのリースを飾ったり、カボチャのかごの中に飴やラムネを詰め込むと子供たちすぐに持っていってしまう。

けれど、それもまた楽しい。たまたま、3、4年前ハロウィンのイベントに参加する機会があったときから、我が家では、ハロウィンパーティをする習慣ができてきた。テーブルシートをハロウィン用にして、お菓子を並べ、簡単に自分たちで作った仮装をする。

 

ちょっとしたことでとっても楽しく!

トイレットペーパーを巻くだけだったり、魔女の帽子をかぶって、黒いゴミ袋をマントにして、それだけでとっても楽しく、それらしくなってくる。

そして必ず最後には、おおきな少し分厚い紙袋にたっくさんの飴やラムネやチョコなどのお菓子を詰め込んで、木の棒で順番にその袋をおもいっきりたたいていく、そして破れたら、いっせいにこどもたちがお菓子を取りにいくという遊びをしている。

それは本当に盛り上がる。今年も楽しみだ。

 

アメリカ人の先生の家に呼ばれて楽しいパーティー

私は毎年家でハロウィンをしていません。なぜかというと、英会話の先生がアメリカの方で、そちらのおうちでハロウィンパーティを開催されるからです。

毎年生徒はそちらに呼ばれてパーティを楽しみます。まずありきたりですが、玄関のチャイムを鳴らし、トリックオアトリート?から始まります。先生はお菓子を子供に配ってくれます。

家に入るとランチョンマットや、ナフキン、コースターなどもハロウィン仕様で先生の手作りです。もちろん、お菓子もかぼちゃを使ったものばかり。かぼちゃプリンにかぼちゃモンブランなどなど。子供たちは大喜びです。

 

そして、そのハロウィーンパーティの時は大人も子供も英語以外は禁止。日本語は話せないんです。それも先生流ハロウィンを盛り上げる作戦です。衣装もアメリカには色々売っているらしく、皆好きなのを借りて着ます。

かぼちゃのお面なんかもあります。親も子も最初は英語だけだから無口なんですが、盛り上がってくると結構英語って出てくるもんですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る