閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

ソニーからウォークマン一体型のスポーツイヤホン「WS620」が出た

ソニーからスポーツイヤホン「WS620」シリーズが6月10日に発売されるそうだ。

ハンズフリータイプで、内蔵メモリーから再生したり、スマートフォンとのBluetooth接続で音楽が再生できるという、ジョギングなどのにはもってこいのスポーツイヤホンのようだ。

 

周囲の音をも取り込む機能付き

『スポーツ中に音楽なんて聞きながらやっていたら危ないんじゃないの?』そんな声も聞こえてきそうだが、このスポーツイヤホン『WS620』シリーズの凄さは何もハンズフリーというだけではない。

周囲の音をも取り込む機能が付いているので、周りの音が聞きづらくなると危ない場合や困る場合などに大いに役立つだろう。

必要のないときはオフにしておき、周囲の音も聞こえるようにしたい場合は3段階で調整ができるという便利な機能なのだ。

 

また、防水機能はIPX5/8で、防塵に関してはIP6X。

耐寒熱性能は-5℃~45℃まで対応するというから、アウトドア全般に役立つのではないだろうか。さらには海水にも対応したことで、夏のビーチなどでも気兼ねなく使えるようになる。

 

 

 

リングタイプのリモコンが便利すぎる件

ハンズフリーのイヤホンと言えば、ボリューム調整などはイヤホン本体の真横についているボタンやストラップの途中についているボタンで調整。またはスマホ本体で調整するというのが当たり前のようにも思えるが、『WS620』シリーズの凄いところはリングタイプのリモコンが付いているというところにもある。

 

音量調整はもちろん、音楽の再生や停止などを指にはめたリングでできることから、今までのハンズフリーとは違った便利さもあるようだ。

リングリモコンはIPX5の防水機能なので、あらゆる角度から水がかかっても大丈夫というからこれまた嬉しい機能である。

 

 

本体重量は約32gと従来モデルよりも軽量化されており、耳周りのケーブルの固定部分もなくなっている。それにより装着時の安定性も向上しているという事で、これまでソニーの『WS410』シリーズを使っていた人たちからすればすぐにでも買い替えたいほどパワーアップしているのではないだろうか。

 

 

内蔵メモリと連続使用時間

いくら機能面が強化されたといっても、音楽の聴ける時間が少なければせっかくの高性能スポーツイヤホンでも欲しいとは思わないでしょう。

 

そこで、『WS620』シリーズのスペックを比較してみたので要チェック!

NW-WS625(内蔵メモリ16GB)が1万9000円前後(税抜)

NW-WS623(内蔵メモリ4GB)が1万4000円前後(税抜)

 

両機種とも価格はオープン価格となっているので、楽天市場やアマゾンなどでは安く買えるようになる?のではないだろうか。

 

内蔵メモリで再生できる音楽形式はMP3/WMA/FLAC/リニアPCM(WAV)/AACなど。

連続再生可能時間はMP3では約12時間となっており、Bluetoothでは約4時間。

リニアPCMでは約10時間も使えるというから、スマートフォンとBluetoothで接続しなくてもMP3形式にしてしまえば、例え内蔵メモリが4GBしかなくてもかなりの曲数が入るでしょう。

 

他には別売りのアクセサリーとして『収納ケース』も発売される予定。

この収納ケースは最新モデルの『WS620シリーズ』や従来モデルの『WS410シリーズ』の両シリーズをコンパクトに収納できるというソフトケースになっています。

価格は3,000円前後になるだろうか。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る