閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

将棋の加藤一二三九段、敗れて引退も数々の伝説を残す

将棋の現役最年長棋士である

加藤一二三九段』が

20日の第30期竜王戦6組昇級者決定戦で敗れ、
63年間の現役生活に終止符を打つことになりました。

加藤一二三九段、最後の将棋

昨日、20日に東京と渋谷区にある

将棋会館で『高野智史四段』と対局

 

ランチにはいつものスタイルである

うな重』を注文していたが、

ディナーはまさかの『天ぷら定食と冷やしトマト』だった。

 

将棋連盟が定める『年齢制限』もあり
今季限りで引退が決まっていた加藤プロだが、
見事に勝利して自身の持つ『最年長勝利』の
記録を伸ばしてほしかったというのが個人的な意見だ。

 

この日は大勢の報道陣が詰めかけていたが、
通常であれば投了後に行われる『感想戦』を行わず帰って行ってしまった。

 

これを受けて日本将棋連盟の森下卓、鈴木大介の両常務理事が報道陣に事情を説明。

「気持ちの整理がつかなかったのではないか」(森下常務理事)

「最後の一局ということで気持ちが治まらなかったのではないか」(鈴木常務理事)

 

引退がかかった大切な対局を投了したのだから、
悔しさと寂しさが込み上げてきて『感想戦』どころではなかったのでしょう。

 

結局、
デビュー戦以降、数々の伝説を残してきた『加藤一二三九段』だが、
最後の最後にも伝説を残していってくれた『伝説の棋士』でした。

 

加藤一二三九段のTwitter

加藤一二三九段は会場を後にするも、

自身のツイッターでこうつぶやいた。

『いいね』や『リツイート』も多く
コメント欄には1,000件以上もの
激励と感謝のコメントが付いた。

これだけ多くのファンから
コメントされる『ひふみん』は
まさに将棋界の『レジェンド』ですね。

 

加藤ひふみん先生。
本当に長い間お疲れ様でした。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る