閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  2. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  3. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  4. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  5. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  6. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  7. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  8. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  9. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
  10. 安藤サクラが朝ドラ『まんぷく』で得た2つの教訓とは!?
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

料理がメインになっています。

我が家でのハロウィンは、二人いる子供たちだけが自宅にあるもので工夫して仮装をしています。

私たち大人はさすがに仮装やコスプレはしないのですが、たまに子供たちに一緒に仮装をしようとせがまれることもあり、そんな時だけごく簡単にお面をかぶったりしてそれらしい仮装をしています。

子供たちが自宅にあるもので工夫して仮装

そして我が家のハロウィンは仮装よりもどちらかというと料理を食べて楽しむことのほうがメインになっていて、ハロウィン当日に子供たちとかぼちゃを使ったお菓子を作っています。そしてお菓子だけでなくもちろん夕食もかぼちゃ料理がメインになります。

かぼちゃのグラタンやかぼちゃサラダなどどれも子供たちが喜びそうな料理ばかりで、毎年うれしそうに食べてくれています。その他はハロウィンが近づいてくると、オレンジや黒の可愛らしいキャンディやクッキーを子供たちにせがまれて購入するくらいです。

どれもごく簡単なことで本格的なハロウィンパーティーには程遠いですが、家族みんな毎年楽しく過ごしています。

 

子供達と一緒にハロウィン用のお菓子を作ります

家族でハロウィンを楽しむようになったのはごく最近のことですが、私自身製菓業界で働いていた関係で、子供達と一緒にハロウィン用のお菓子を作るのが例年のイベントになっています。

仮装なんかは正直適当ですのであまりお金を使いませんが、その分お菓子作りにお金も時間も使います。

 

ハロウィンですからカボチャを使ったものが中心ですが、それだけでもかなりのレパートリーは作ることが可能です。

カボチャプリンはもちろんですが、ムースを使ったデコレーションケーキや素朴な仕上げのカボチャタルト、焼き菓子も少々オリジナルで作ります。

 

大事にしているのは子供たちと楽しむこと

この際大事にしているのはお菓子の出来ではなく、子供達と楽しみながら作ることです。

別にハロウィンでなくてもいいと思うのですが、季節的にお菓子作りがしやすいシーズンに突入するということ、そんな時間を楽しむきっかけとしてはいいタイミングです。

これが楽しいからか、クリスマスにもやっぱり何か作ろうと盛り上がるので、何だかんだ言ってハロウィンからクリスマスのお菓子作りイベントは5年ぐらい継続しています。

イベント大好きで、ハロウィンもしっかりと準備

我が家はイベントごとが大好きですので、もちろんハロウィンも しっかりと準備しています。 かぼちゃを買ってきたら、かぼちゃに顔をつけます。 それから部屋の中にもハロウィンの装飾をします。

魔女やお化けのモチーフを飾ったりします。最近は、100円ショップで 沢山そろえることができるのでホントに便利になりました。 あとは、ハロウィン限定のお菓子やドリンクも用意します。

当日はもちろんかぼちゃの料理を作ります。 かぼちゃグラタンが定番で、坊ちゃんかぼちゃが売っていれば、 丸ごとグラタンを作りますし、ない場合は普通のかぼちゃでグラタンを作ります。

そして家族で仮装をして楽しむこともあります。

一つのイベントとしてやっています。

かぼちゃをイメージしたワンピースや、こうもり、魔女の衣装等があるのでそれを着たりします。

もし友達が都合がよければ招待することもあります。 そのときは友達にもお菓子などを持参してもらって、みんなでワイワイと楽しみます。

ハロウィンは、まだイベントとしてはやっているお家は少ないかもしれませんが とっても楽しいのでぜひやってみてください。

 

本場さながらのハロウィンパーティーに

ハロウィンは子どもたちには大変人気のある季節のイベントです。

我が家では、ご近所の子どもたちを招待してハロウィンパーティーを催しています。

アメリカでたくさん購入してきたハロウィンにちなんだかぼちゃやお化けやこうもり、黒猫のディスプレイを家中に施して雰囲気を盛り上げています。

玄関前の木々にも、オレンジのLEDライトを飾り付けています。思い思いのコスチュームに身を包んだ子どもたちが集ってくるのは見ているほうも本当に微笑ましくて楽しい時間を過ごす事ができます。

ひととおり、ピザなどの軽食を楽しんだあたりで日が暮れてくると、みんなでキャンディーを集めに回ります。
あらかじめキャンディを配ってくれる事に協力してくれることになっているお家を仮装した子どもたちがゾロゾロ歩いていくさまはまさにアメリカのハロウィンそのものです。
暗がりを歩く事になるので懐中電灯をちゃんと持って、小さな子どもはお母さんが手をつないでという点に気をつけて毎年とても楽しいハロウィンの雰囲気を味わっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一緒に読まれている記事

ピックアップ記事

  1. 小泉孝太郎
  2. 山田邦子
  3. 始球式
▲ △ ▲ △ ▲
ついにiPhoneの取り扱いを開始
ページ上部へ戻る