閉じる
閉じる
閉じる
  1. nvspcap64.dllでエラーが発生しました。と出るも、何をやって…
  2. 【小泉孝太郎】平成から令和へ、時代を跨いだミドル世代の熱愛発覚!【芦名…
  3. 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名!山田邦子が「令和」に標した新しい1…
  4. 【ノーバン】鈴木奈々が投じた「始球式」の是非!【ならず】
  5. 【エールを】岡村孝子が急性白血病で長期療養へ【送ろう!】
  6. 【平成終わりに】天然or計算!?余韻を残して『あさイチ』を去った藤井 …
  7. 【『なつぞら』】卓越した子役の演技に引っ張られてスタート好調!-ヒロイ…
  8. 【鈴木京香と長谷川博己】大人の恋愛は深く静かに、そして青淡に燃え続ける…
  9. ピエール瀧逮捕は低視聴率にあえぐ大河『いだてん』に大打撃を与えた!-ク…
  10. 水谷 豊の新「相棒」が全くウワサにさえならなかった理由(わけ)
閉じる

毎日に楽しさをちょい足しできる情報ブログ

アーカイブ:2019年 3月

ピエール瀧(電気グルーブ、瀧正則容疑者)の薬事法違反容疑・逮捕を受けて、芸能界が揺れているのは周知の事実ですよね。ここでは法的云々ではなく、彼の出演作品が及ぼす影響についてを論じてみます! (さらに…)…

3月20日放送分で『相棒17』(テレビ朝日)が最終回を迎えて平均14.1%の高視聴率で幕を閉じました。いつもならば、年を越したあたりから次シーズンの新しい相棒役について「あれや・これや」と憶測が飛び交うのがマスコミの恒例行事だったのです…

スタート時から常に好評だったNHKの朝の看板『まんぷく』(大阪制作)。そのドラマの主演を務めた安藤サクラは賞賛に値するのは確かですが、果たして半年という長丁場ではどうだったのでしょうか?ここでは彼女の演技的な面と、今後の展望を見てみまし…

ページ上部へ戻る